ILS株式会社の原料L-カルニチン、商品名L-カルニチンS

結晶粉末

商品名:L-カルニチンS

L-カルニチン100%の原料です。ダイエット食品やアスリート食品、美容食品などのサプリメント、飲料、乳製品、粉末飲料など様々な形態の食品に使用されています。

区分 食品
ペット向け 使用可
海外使用実績 アジア、ヨーロッパ

メーカー
ILS株式会社

TEL:03-6811-6909

結晶粉末

商品名:L-カルニチンS

L-カルニチン100%の原料です。ダイエット食品やアスリート食品、美容食品などのサプリメント、飲料、乳製品、粉末飲料など様々な形態の食品に使用されています。

販売者
ILS株式会社

区分 食品
ペット向け 使用可
海外使用実績 アジア、ヨーロッパ
当ページ記載の情報は効果効能を標榜するものではありません。消費者向け製品への表示は各種法令を遵守願います。

期待できる機能性

  • ダイエット
  • 脂肪燃焼
  • その他
  • 脳機能
  • 物忘れ予防
  • 情報伝達サポート
  • 子供向け
  • 学習力アップ
  • スポーツ
  • 疲労低減
  • 持久力・パフォーマンス向上
  • サルコペニア
  • 持久力・パフォーマンス向上

L-カルニチンとは

L-カルニチンは、1905年に肉エキスとして発見(単離)されました。その後、1955年にL-カルニチンが脂肪酸の酸化に重要な働きを持つことが分かり、1959年に肝臓内での遊離脂肪酸の酸化に対して作用することが証明され、その後数多くの研究が発見されました。 脂肪酸は、体内においてリパーゼの作用により「脂肪酸」と「グリセリン」に分類されます。 脂肪酸は細胞内のミトコンドリア内に取り込まれ、TCA回路、電子伝達系を経てエネルギー(ATP)産生されますが、脂肪酸の95%以上は「長鎖脂肪酸」であり、単独ではミトコンドリア内に入ることができません。 L-カルニチンは、長鎖脂肪酸と結合してミトコンドリア内に取り込ませる働きがあるため、脂質代謝に必要不可欠な物質です。 資料ダウンロードよりL-カルニチンSのパンフレット、規格書、調査報告書を入手できます。 L-カルニチンの機能

L-カルニチンは脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割を担う成分です。

商流についてはメーカー、販売者様にご相談下さい。

L-カルニチンSの基本情報

名称と規格区分

  • 一般名 L-カルニチン
    英語名 L-Carnitine S
    原材料表示例 L-カルニチン
  • 区分 食品
    規格成分および含有量 L-カルニチン 97.0~103.0%

性状と特性

  • 性状 結晶粉末
    水への溶解性 可溶
    油への溶解性 分散、不溶
    賞味期限 製造後3年間
    GMO情報 分別
    使用上の注意 極めて吸湿性が高いため、開封後は速やかにお使い下さい。
  • おすすめ剤型 ドリンク、ゼリー
    一日摂取目安量 L-カルニチンとして米国では許容一日摂取量(ADI)が20mg/kg/日と評価されていることや、スイスでは1,000mg/日を摂取の条件としていることなどから、過剰摂取しないように配慮するとともに、消費者への情報提供を適切に行うこととされております。
    訴求部位 脳、筋肉、脂肪
    アレルギー物質 対象外

由来とデータ

  • 由来 化学合成
    原産国(主成分) 中国
    最終加工国(県) 静岡県
  • 自社保有エビデンス
    安全性データ

供給と知的財産

  • 内容量 1kg×10袋
    供給体制 国内在庫有り
  • 海外使用実績 アジア、ヨーロッパ
    ペット向け 使用可

販売者情報

企業名 ILS株式会社
所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目6番地ランディック神田ビル8F
企業HP ILS株式会社のホームページ

商流についてはメーカー、販売者様にご相談下さい。